停滞の原因「コルチゾール」とは?
1NDLY Personal Gym

「ストレス」という言葉は、もちろん聞いた事ありますよね。

昨今は「ストレス社会」とも言われ、皆さんは日々様々な「ストレス」を感じながら生活しております。

適度なストレスは、人間にとって必要でありますが、過度なストレスは体への悪影響をもたらす場合もあります...

そして、なんと体重を落とすべくダイエット、ボディメイクを取り組んでいる方にとって、過度なストレスは避けるべき要素であり、「天敵」になります。

ではなぜ天敵なのか、ストレスホルモンとは何なのかを、今回は詳しく説明していきます。

 

ストレスホルモンとは?

「ストレスホルモン」は、ストレスを受けたときに、脳からの刺激を受けて分泌量が増えることから「ストレスホルモン」と呼ばれています。

主にコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。

なので「ストレスホルモン=ストレスの元」では無く、

「ストレスホルモン=ストレスを受ける事によって、体内に増えるホルモン」となります。

    コルチゾールとは?

    コルチゾールは、副腎皮質から分泌されるホルモンの一種です。
    心身がストレスを受けると、急激に分泌量が増えます。

     

    主な働きは、

    ・肝臓での糖の新生

    ・たんぱく質代謝

    ・脂肪組織での脂肪の分解などの代謝の促進

    ・抗炎症および免疫抑制

    などなど

     

    ストレスホルモンと言われており、少々マイナスな印象を受けやすいホルモンですが、実は体にとってとても良い働きも持っているホルモンです。

      なぜ天敵なのか?

      適量での分泌であれば、コルチゾールは怖くありませんが、過度なストレスなどの影響により分泌量が急激に上がってしまうと、体に様々な影響を及ぼします。

       

      ⚪︎代謝低下

      例えば体重を減らすために食事を急激に減らしすぎてしまうと、体は「必要な栄養素が入ってこない!生命の危険!」と判断します。

      コルチゾールはそれを乗り越えるために働くため、代謝が滞り、脂肪がエネルギーに使われるスピードも遅くなってしまいます。

      その状況では、なかなか脂肪は燃えてくれなくなってしまいます。

      脂肪が燃えにくい=体重が落ちない

      となってしまうのです。

       

      ⚪︎対策

      ・身体を動かす

      ストレスを感じているときは、体を動かしてリフレッシュすることが有効です。

      しかし、「ストレスを感じる=疲労がある」と認識し、「動かない」という休息法を用いる方が、ほとんどです。

      休息法だけでは心身共に回復を及ぼしません。

      体を動かすと、神経伝達物質「エンドルフィン」というものの分泌が促されます。

      こちらは気分を良くする効果があり、その影響で気分も晴れストレスも過度に感じにくくなります。

        まとめ

        なかなか体重が減らない...。

        体重を気にして食事が摂れない...。

        こういった「ストレス」もゴールを遠ざけてしまう要因になります。

        何事も楽しんで、身体を動かしていきましょう。

         

        1NDLY Personal Gym では食事制限や筋力トレーニングをメインにボディメイクのサポートをさせていただいています!

        是非一度無料カウンセリング、体験トレーニングにお越しください!

          Access

          東西線葛西駅から徒歩4分

          概要

          店舗名 1NDLY~Personal Gym~葛西店
          住所 東京都江戸川区中葛西3-30-12
          電話番号 03-4400-2718
          営業時間 8:00~22:00
          (予約状況により変わります)
          定休日 不定休
          最寄り 葛西駅から徒歩4分

          アクセス

          Contact

          お問い合わせ